>

お気に入りサイトの新着

2010年8月20日金曜日

【2ch news】 江戸時代の人の労働時間は日に3、4時間 【歴史】

このエントリーをブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク 

1: 音楽家(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:25:37.37 ID:U97FQQRrP

武田さんの『仕事と日本人』拝読しました。江戸時代の人たちの労働時間は
日に3、4時間ということを知り、江戸の世界で暮らしてみたくなりました。
僕は働くことがいやで、できるなら一生遊んで暮らしていきたいと思っています。
就職活動もしたことがありません。したいと思ったこともないです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100817/241598/


2: 新車(青森県):2010/08/20(金) 14:26:21.90 ID:dTvl/XKl0

お前らは0時間じゃねーか




3: メイド(広島県):2010/08/20(金) 14:26:30.07 ID:aKETHQqz0

新生児の死亡率4-5割だけどな


93: モテ男(大阪府):2010/08/20(金) 15:14:48.57 ID:HyQANrmE0

>>3
親目線なら不幸に感じるかもしれないが
死んだ本人にしたら物事を理解する前だから別に不幸な事でもないだろ


105: レス乞食(東京都):2010/08/20(金) 15:19:35.50 ID:Q+RLIT6O0

>>93
戦時中のせいもあるだろうけど、田舎に土地と畑買って家族ぐるみで疎開してた先で
ばーちゃんがどうも女の子をひとり産んだけど、すぐ死んじゃったらしいんだ。
でもそのこの子の事、おやじ(長男)含め誰も覚えてなかった。
じーちゃんが死んだときに墓を作りなおしたんだけど、その時に誰も心当たりの無い
赤ん坊の骨が出てきて、過去帳調べてもらったり大騒ぎになったレベル。
そのうちおやじが、そういえば赤ん坊がひとりいたような気がするとか言い出して
やっと誰の骨か判明したというw


4: アンチアフィブログ(関西地方):2010/08/20(金) 14:26:33.15 ID:Fx/J1Zm10

働きすぎだろ


5: 刑務官(東京都):2010/08/20(金) 14:26:36.04 ID:26DhtT1VP

せやで


23: 思想家(静岡県):2010/08/20(金) 14:32:38.14 ID:tQXBB9K50

>>5
せやな


6: 幼稚園の先生(神奈川県):2010/08/20(金) 14:27:22.60 ID:3YSj3Fj30

テレビ・クーラー・パソコンもない
風呂は湯垢だらけの公衆浴場のみ
盲腸・虫歯で地獄の苦しみを味わいつつ悶絶死


7: 作家(西日本):2010/08/20(金) 14:27:36.09 ID:4Q871BfD0

カネがなくなったら仕事をする
江戸っ子は奔放だったのに
今の日本人はなぜ奴隷になってしまったのか


37: 版画家(関東・甲信越):2010/08/20(金) 14:40:59.96 ID:Iw1rl5zTO

>>7
鎖国してりゃそんな生活だったかもしれんけどな
まあそれならそれで植民地にされて終わってたな


8: モテ男(関東・甲信越):2010/08/20(金) 14:28:13.40 ID:bwkF1ID1O

現代人ってほんと馬鹿だよなできる限り機械にやらせたらいいのに


9: 音楽家(ネブラスカ州):2010/08/20(金) 14:28:16.71 ID:aZyJvBC/P

超早起きなんだろうな


10: 音楽家(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:28:33.94 ID:YPqFCbJJP

新卒一括採用とかないしな
日雇い天国


11: 刑務官(dion軍):2010/08/20(金) 14:28:38.96 ID:leE2ubSAP

現代人働きすぎワロタ


12: 放送作家(dion軍):2010/08/20(金) 14:29:07.67 ID:klqJMwjm0

人口の9割以上を占める百姓は重労働でっせ


13: ネットワークエンジニア(ネブラスカ州):2010/08/20(金) 14:29:21.44 ID:17tFSzqcO

人の命の軽い時代


17: 作家(西日本):2010/08/20(金) 14:30:24.82 ID:4Q871BfD0

>>13
今がな、江戸時代はもっともっと人間に価値があった
今の東京は人間事態がインフレを起こしてる


14: タンタンメン(群馬県):2010/08/20(金) 14:29:39.26 ID:G8Z9ah4e0

娯楽がなくて暇だったろうなー江戸時代


19: 税理士(愛知県):2010/08/20(金) 14:31:17.65 ID:BKq2YaCm0

>>14
娯楽はめちゃたくさんあったぞ


219: 劇作家(千葉県):2010/08/20(金) 17:07:49.40 ID:4g31nEdw0

>>14
セックスや博打、勉強、風呂、旅行、新聞なんでも時間を潰せる娯楽だったろう
一日3-4時間なら仕事まで趣味と言えたかも


15: 工芸家(愛知県):2010/08/20(金) 14:29:53.91 ID:+2bySzUT0

文芸春秋2010年7月号 学究の救国論 日本国民に告ぐ 藤原正彦 http://www.bunshun.co.jp/mag/bungeishunju/bungeishunju1007.htm
http://www.ncn-t.net/kunistok/7-1-kokuminnitsugu-.htm

閉塞感に包まれているこの国は一体どこで道を誤ったのか─「自立」「誇り」を取り戻すために、今、日本人がなすべきこと
…日米修好通商条約締結の為に訪れたタウンゼント・ハリスは、日本上陸のたった二週間後の日記にこう記している。
「厳粛な反省ー変化の前兆ー疑いもなく新しい時代が始まる。あえて問う。日本の真の幸福となるだろうか」
彼は「衣食住に関する限り完璧に見える一つの生存システムを、ヨーロッパ文明とその異質な信条が破壊」することを懸念したのである。
ハリスの通訳として活躍したヒュースケンはこう記す。「この国の人々の質樸な習俗とともに、その飾り気のなさを私は賛美する。この国土の豊かさを見、
いたるところに満ちている子供たちの愉しい笑声を聞き、そしてどこにも悲惨なものを見出すことができなかった私は、おお、神よ、
この幸福な情景がいまや終わりを迎えようとしており、西洋の人々が彼らの重大な悪徳を持ち込もうとしているように思われてならない」
また日英修好通商条約を締結するため来日したエルギン卿の秘書オリファントはこう記す。「個人が共同体のために犠牲になる日本で、
各々がまったく幸福で満足しているように見えることは、驚くべき事実である」
多くの欧米人がいろいろの観察をしているが、ほぼ全てに共通しているのは、「人々は貧しい。しかし幸せそうだ」である。
だからこそアメリカ人のモースは「貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない」と言ったのだった。欧米では、裕福とは幸福を意味し、
貧しいということは惨めな生活と道徳的堕落など絶望的な境遇を意味するのだが、この国ではまったくそうでないということに驚いたのである。
明治六年に来日し、日本に長く生活したイギリス人バジル・チェンバレンはこう記す。「この国のあらゆる社会階級は社会的には比較的平等である。
金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。…ほんものの平等精神、われわれはみな同じ人間だと心底から信じる心が、社会の隅々まで浸透しているのである」。
無論ここには誇張も含まれているだろう。しかし実に多くの人々が表現や程度こそ異なれ類似の観察をしているのである


230: 刑務官(長屋):2010/08/20(金) 17:19:48.50 ID:z21djpikP

>>15
日本人は昔はhappyだったんだな


16: チンカス(愛媛県):2010/08/20(金) 14:30:00.68 ID:l/hMfMtJ0

これは常識、志ん生師匠に教えてもらった


18: 6歳小学一年生(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:30:36.09 ID:Y95APc820

イタリア人みたいなもんか
真の勝ち組国はそうだよね~


20: コンサルタント(福岡県):2010/08/20(金) 14:32:09.21 ID:LPQWCt4U0

雨が降ったりとか、今日は気分がのらないとかいう理由で休んでたりもしてたらしいな。
昼過ぎぐらいから銭湯(男女混浴)にいって、酒を飲みながら将棋を指してのんびりするのが普通だったらしい。


21: タコライス(四国):2010/08/20(金) 14:32:17.10 ID:Ka2cDgl/O

日がのぼるとともに出勤して日が沈むとともに帰宅してたんじゃないのかよ


22: 幼稚園の先生(佐賀県):2010/08/20(金) 14:32:31.30 ID:0TDWXwPM0

所得は今の1/100,000以下


24: ドラグノフ(千葉県):2010/08/20(金) 14:32:51.32 ID:Nr6rWLyb0

娯楽はセックスなのか?


27: 通訳(新潟・東北):2010/08/20(金) 14:36:26.42 ID:ajIHbwkGO

>>24
エロ絵をハイレベル童貞が買って
貧乏童貞が雁首揃えてあーでもないこーでもないと安酒呑みながら激論を交わしていた


31: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:37:26.13 ID:hMv9fxpZ0

>>24
男とのな


25: げつようび(福島県):2010/08/20(金) 14:32:51.78 ID:6/Do8wyb0

都会の話じゃね


26: ドラグノフ(千葉県):2010/08/20(金) 14:34:30.57 ID:wm8ayllD0

これ江戸の町人だろ
うちは農民の家系だから絶対に戻りたくないぜ


30: 路面標示施工技能士(埼玉県):2010/08/20(金) 14:37:22.35 ID:wMwm1mMB0

>>26
農民も割かし豊かだったんだぜ?
その後明治政府が江戸時代に対するネガキャンしまくっただけ


28: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:36:46.17 ID:hMv9fxpZ0

天下泰平ナメちゃいけないよ


29: 歌手(四国):2010/08/20(金) 14:36:57.32 ID:Kv+RkI4WO

どんなパラダイスだよ。


32: 路面標示施工技能士(埼玉県):2010/08/20(金) 14:38:49.59 ID:wMwm1mMB0

処女厨にとっちゃ江戸時代は地獄だろうなw
昔は貞操観念なんて皆無に等しかったからヤリマンだらけ


35: 刑務官(神奈川県):2010/08/20(金) 14:40:16.26 ID:lHIDjWotP

>>32
俺のとチョット違う
ソースくれ


40: 路面標示施工技能士(埼玉県):2010/08/20(金) 14:42:31.58 ID:wMwm1mMB0

>>35
夜這いの民俗学・夜這いの性愛論  赤松 啓介







50: 刑務官(神奈川県):2010/08/20(金) 14:47:45.18 ID:lHIDjWotP

>>40
それは知ってる。
江戸の市民と思った。

江戸時代は男の方が多かった、それで遊郭とかが至る所に造られた。


155: 刑務官(catv?):2010/08/20(金) 15:52:15.04 ID:D1RtqUY0P

>>50
江戸時代っつーか、江戸に男が多かったんだよ
男がお上りしてきて居付くから


41: バレエダンサー(関東・甲信越):2010/08/20(金) 14:43:15.95 ID:gg86apjRO

>>32
武家に生まれればワンチャンある


33: バレエダンサー(関東・甲信越):2010/08/20(金) 14:38:56.02 ID:gg86apjRO

江戸、大阪、名古屋くらいなら結構娯楽もあったんだろうな


34: 6歳小学一年生(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:40:05.80 ID:Y95APc820

農民も普通に米食ってたし、たまに酒も飲んでたらしいね


42: 発明家(兵庫県):2010/08/20(金) 14:43:32.79 ID:1b1XRoPL0

>>34
地主はな。下っ端の小作人は米なんてめったに食えねえよ


47: 司法書士(福島県):2010/08/20(金) 14:45:44.59 ID:e0JSdSbt0

>>34
稗、粟、麦、黍だよ百姓の主食は


49: 版画家(関東・甲信越):2010/08/20(金) 14:47:04.94 ID:Iw1rl5zTO

>>47
なんて健康的なんだ


53: 監督(北海道):2010/08/20(金) 14:48:55.81 ID:VRHbiK0H0

>>49
栄養足りないんじゃね


54: 司法書士(福島県):2010/08/20(金) 14:49:04.77 ID:e0JSdSbt0

>>49
ばか
それ位しか食えないで労咳でコロコロ死んで行くのが何処が健康的か


57: 6歳小学一年生(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:52:46.70 ID:Y95APc820

>>47
それが一般論だけど、当時の生産石高と人口から考えたら
普通に小作人の口にも入っていたと推測されるらしいよ


61: 司法書士(福島県):2010/08/20(金) 14:54:40.11 ID:e0JSdSbt0

>>57
たまに入るのは主食って言わんよ
たまにケーキ食うだろ?
それをケーキは主食です、で言わんだろ
デブ以外は


62: ディーラー(東京都):2010/08/20(金) 14:55:17.08 ID:PwbMJfEy0

>>47
本気でそんな事信じてんのかw
ならなんで水争いとか起きるんだよ

麦も粟も陸作だから


65: 司法書士(福島県):2010/08/20(金) 14:56:06.59 ID:e0JSdSbt0

>>62
米作るに決まってんだろ
年貢で収めるための


72: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 15:00:01.63 ID:pHw2OndfP

>>47
>稗、粟、麦、黍だよ百姓の主食は
人口の80%以上が百姓だった時代に、百姓がそんな雑穀ばかり食ってるとしたら、
水田以上に広大な、稗、粟、麦、黍の畑が必要になる。


77: 司法書士(福島県):2010/08/20(金) 15:03:15.33 ID:e0JSdSbt0

>>72
水田がやたらめったら増えたのは米が換金作物になった近世から
それ以前は水田より他の作地面積の方が多きかったんだよ


90: ディーラー(東京都):2010/08/20(金) 15:12:14.25 ID:PwbMJfEy0

>>77
福島以北の東北だけだろw
近畿地方じゃ平安時代から稲作中心だよ


94: 司法書士(福島県):2010/08/20(金) 15:14:51.90 ID:e0JSdSbt0

>>90
そりゃ水利が良い所は作るだろうさ
水田向きの土地が元々からある所で他の作物を多く作る必要性が無いし


108: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 15:21:35.27 ID:pHw2OndfP

>>77
江戸時代はその近世だろうがw

それに、稗、粟、麦、黍などの米以外の雑穀は連作障害が発生して、
単作では毎年は作れない。
少なくとも関東以西の地域では、米がもっとも単位面積当たりの収穫カロリーが
高いのに、わざわざ他の作物を栽培する理由がない。


83: 刑務官(不明なsoftbank):2010/08/20(金) 15:09:10.81 ID:3mVDgW7DP

>>72
ただ白米に混ぜてた程度の話だよなぁ


86: タンタンメン(群馬県):2010/08/20(金) 15:11:43.83 ID:G8Z9ah4e0

>>47
オカズは何食ってたんだ?


109: メイド(茨城県):2010/08/20(金) 15:22:27.62 ID:w8MTj0GB0

>>47
え、鉄釜が普及した室町以降は米食ってたって聞いたんだけど


118: 放送作家(福島県):2010/08/20(金) 15:28:37.16 ID:Am6XZymO0

>>34
余ってたから酒にしたんだしな。


124: アニオタ(奈良県):2010/08/20(金) 15:32:28.76 ID:S474/k1U0

>>118
酒に関してはかなり幕府が制限してたらしいがな
米を大量に消費するから


133: 放送作家(福島県):2010/08/20(金) 15:36:28.81 ID:Am6XZymO0

>>124
米が余りすぎて武士が貧乏になったって話もあるし、歴史の教育って被差別部落とかの人権問題と関連して厄介だよな。


36: タコス(新潟県):2010/08/20(金) 14:40:59.06 ID:NVF9nKLW0

俺も江戸時代に行って城巡りがしたい


46: 客室乗務員(大阪府):2010/08/20(金) 14:44:54.46 ID:0BzN+u7G0

>>36
普通の一般庶民が関所を通り抜けるのは難しそうだが


38: 監督(北海道):2010/08/20(金) 14:41:27.79 ID:VRHbiK0H0

日本を統治する権利があるのは徳川家だろうな
天皇(笑)


39: 刑務官(千葉県):2010/08/20(金) 14:41:31.25 ID:K4DWaiy3P

労働効率は遥に上がってるはずなのにどういうこっちゃ!


44: げつようび(福島県):2010/08/20(金) 14:44:29.94 ID:6/Do8wyb0

赤松さんは戦後まもなくの共産党の活動について書いてるときが生き生きとして面白い


45: バレエダンサー(愛知県):2010/08/20(金) 14:44:32.59 ID:TRl3zV9h0

東北の寒い地域だけはかなり厳しかった
それ以外はまともな生活していたと思う
じゃないと二百年も持つはずがない


48: げつようび(福島県):2010/08/20(金) 14:46:42.36 ID:6/Do8wyb0

過度な期待はしないでください


51: ノブ姉(東海):2010/08/20(金) 14:48:02.88 ID:dDuOdHuiO

武士なんて2日に1回勤務だろ 消防士か


52: 警務官(catv?):2010/08/20(金) 14:48:07.59 ID:oxH1YEL20

ネットできればどの時代でもいいよ


55: 発明家(兵庫県):2010/08/20(金) 14:50:42.76 ID:1b1XRoPL0

ごく一部の幕府直轄領の農民は比較的楽な生活していたけど、
外様大名なんかの領地では農民はマジでひどい生活していた
農民にしても当時からものすごい地域格差があった
そんなことも知らずに江戸時代の百姓が比較的楽な暮らしをしていた
とかいってる自称歴史家が多くてこまるね


56: 絵本作家(コネチカット州):2010/08/20(金) 14:51:48.60 ID:zbPighIwO

徳川カムバック!


58: 医師(北海道):2010/08/20(金) 14:52:57.71 ID:iBQcdXRC0

がむしゃらに働いてもちっとも豊かにならない日本


60: 中国人(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:53:54.19 ID:Zznpq8i70

江戸時代って東北で雪降らないくらい今よりすげー暑かったんだよな


66: レス乞食(東京都):2010/08/20(金) 14:56:40.20 ID:Q+RLIT6O0

>>60
でも、海風山風を遮る高い建物やアスファルトの道路は無かったから
ヒートアイランドでも無かったし、海は今よりもっと近かった。


76: ゲームクリエイター(埼玉県):2010/08/20(金) 15:02:27.18 ID:BBjdI1/00

>>60
マウンダー極少期だろ


63: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 14:55:25.54 ID:VcaTfjuW0

馬鹿じゃねえの
商人は死ぬほど働いてたわ


64: ネットワークエンジニア(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:55:34.48 ID:owyGWDH70

公衆浴場で乱交してたらしいぞ
大学の歴史の教授が言ってた


68: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 14:59:07.17 ID:hMv9fxpZ0

>>64
男とな


69: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 14:59:12.89 ID:VcaTfjuW0

>>64
混浴だったからな
ただ明かりが無いし湯気だらけで何も見えない
それでも公序良俗に反すると混浴は何度も禁止になってる


67: 音楽家(catv?):2010/08/20(金) 14:57:36.28 ID:To2ipsLwP

生活水準下げれば今でも週20時間で生活出来るだろ


74: レス乞食(東京都):2010/08/20(金) 15:00:29.84 ID:Q+RLIT6O0

>>67
今の生活水準で江戸の町人みたいな暮らしはもう不可能だろうね。
国自体が不労所得を沢山作れる仕組みになってて国民に還元するか
自力で資金調達するしかない。


70: 幼稚園の先生(コネチカット州):2010/08/20(金) 14:59:40.54 ID:jcC4JDm9O

ネットで得た知識を自慢げに披露する前にせめて水谷三公の著書を読んでから江戸を語れよ


71: 刑務官(不明なsoftbank):2010/08/20(金) 14:59:59.42 ID:0Z42xAzRP

>>1のサイトには「だから、ニートでいてもいいんじゃない」って書いてあるけど、
仕事時間が短いのと、だらけて何もしないのとでは大違いだろう。
国民の多くがニートやってた朝鮮は悲惨な事になってたし。


73: ゲームクリエイター(埼玉県):2010/08/20(金) 15:00:21.00 ID:BBjdI1/00

武士は三勤四休


78: 理学療法士(コネチカット州):2010/08/20(金) 15:06:22.60 ID:zBNS9mJNO

もうすぐ農業しか働き口がない時代が来るのか


79: ネットワークエンジニア(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:06:47.11 ID:owyGWDH70

うちの先祖は水田の用水から無断で水を盗んで
そっこうで自分の水田が潤ってるのがばれて
村八分にされて
北海道から追い出された


80: 刑務官(中国四国):2010/08/20(金) 15:08:38.49 ID:i/IcdBvdP

百姓は労働でなく、生きていくための日課だからな。
労働とは対価が発生しないといけない。対価は発生しない。

平均的にはそれが普通で、朝日が昇ってから沈んで
暗くなるまでだぞ。

それ考えろばかwww


81: 洋菓子製造技能士(コネチカット州):2010/08/20(金) 15:09:03.64 ID:HO+pEE5+O

江戸時代には休日が無いからな


87: カウンセラー(三重県):2010/08/20(金) 15:11:59.83 ID:kr51M3WA0

江戸時代にもリア充を憎む奴らはいたはず


88: アニオタ(奈良県):2010/08/20(金) 15:12:02.33 ID:S474/k1U0

丁稚奉公とか凄まじい奴隷労働だったんだろ?
宮部みゆきが言ってたよ


91: デザイナー(東京都):2010/08/20(金) 15:13:29.64 ID:szBG2xOe0

>>88
元々、農村の口減らしで死んでたはずの人間だからな


99: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 15:16:42.73 ID:VcaTfjuW0

>>88
商家の奉公人は色々覚えられるから他の町人よりチャンスはあるよ
奉公人からのし上がった人間は多い


122: アニオタ(奈良県):2010/08/20(金) 15:30:59.28 ID:S474/k1U0

>>99
のし上がれる奴は先輩のいじめにも耐え
奴隷労働の中で睡眠時間削って勉強した奴とからしいがな
お前らには無理(´・ω・`)


130: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 15:35:00.17 ID:VcaTfjuW0

>>122
急にお前らとか言い出して意味不明なんだよ
少なくとも努力した人間にはのし上がるチャンスがあるんだから奴隷とはわけが違うだろ


92: ハローワーク職員(福岡県):2010/08/20(金) 15:14:07.83 ID:9bq+UyrR0

江戸時代並みの暮らしで良いなら今からでも出来るじゃん?
その代わり早死にしそうだが


97: 税理士(愛知県):2010/08/20(金) 15:15:51.96 ID:BKq2YaCm0

>>92
人口が過密で餓死者が大量に出そう


103: ハローワーク職員(福岡県):2010/08/20(金) 15:18:32.40 ID:9bq+UyrR0

>>97
競争相手が少なかったから出来たってのもあるよね


96: ドライバー(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:15:38.92 ID:GIZo4jvS0

ネトウヨ 「日本人は古来より勤勉で~キリッ」


98: 和菓子製造技能士(関東・甲信越):2010/08/20(金) 15:16:00.05 ID:VEhPGnUCO

カカア天下ってのも、働き者の女性って意味だったのに、
今では働く夫を罵りながら励ます(笑)女って意味合いになったよね。


107: 法曹(群馬県):2010/08/20(金) 15:20:53.59 ID:u19378u10

>>98
男は賭場に出入りしてて働かないからそういう言葉ができたのにね


100: 僧侶(愛媛県):2010/08/20(金) 15:17:11.91 ID:qGT23o7E0

こんなスレでもネトウヨ厨わくのかw


101: 刑務官(dion軍):2010/08/20(金) 15:17:16.94 ID:X+zJZTKUP

江戸時代で20時間も自由な時間があっても
何すりゃいいんだ 金もそんなないだろうし


104: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 15:19:25.99 ID:VcaTfjuW0

>>101
暗くなったらすること無いから早く寝る
灯りも金かかるからね


112: マッサージ師(関東・甲信越):2010/08/20(金) 15:24:17.44 ID:eNMf0+5uO

>>101
照明が貧弱だし油高いしで夜はそんなに遅くまで活動できないから、案外自由時間はない


129: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 15:34:43.32 ID:pHw2OndfP

>>101
でも、飯を炊くだけでも、薪を割ったり、火をおこしたりするところから
始めなきゃいけないわけだし、炊事や洗濯だって井戸で水を汲むところから
スタートする。
藁草履だのムシロだの縄だのザルだのといった生活必需品も大抵は全部自作だし、
どこに行くにも全部徒歩だし、賞味の自由時間はほとんどなかったんじゃないかな。


201: 作詞家(沖縄県):2010/08/20(金) 16:48:48.05 ID:otl0mt8u0

>>101
今と変わんねえよ

http://www.japanese-guns.com/NewFiles/dsc01699.jpg
http://www.coolturisme.com/Yahoo%20Auctions/shunga-set-a.jpg


214: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 17:02:51.51 ID:hMv9fxpZ0

四十八手も江戸時代だしな
江戸時代は二次絵とゲイが半端ない、>>201みたいな春画もゲイのが同じくらいあるし
絵画はこれでもかってくらいマンガ調のばっかだしな、写実って発想捨ててたってくらい
なんなんだろうなこの遺伝子


102: ジャーナリスト(東京都):2010/08/20(金) 15:18:00.41 ID:YY4EYGpm0

一日3,4時間の仕事ということは
昼間に起きて、薄暗くなったら店じまいだったんだろう
あとは友人と飲み屋にでもくり出して酒のんで馬鹿笑いして、
銭湯行ったり、博打やったり、のんびり将棋でもさしたりして、
夜になったら遊郭に行って、12才くらいのオキニの少女を買ったんだろう
まことに人間らしい生活
ペリーの馬鹿野郎のせいで俺に与えられるはずだった楽しみも失われてしまったんだな


106: 工芸家(愛知県):2010/08/20(金) 15:20:44.21 ID:+2bySzUT0

要するに、日本はこの150年で一見、豊かになったように見えるが、その逆で不幸になってんだよ。
人間の豊かさの総合力。目先の金と欲望にまみれて、そーなっていった。


110: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:23:08.80 ID:hMv9fxpZ0

乳児死亡率下がったのなんてわりと最近だぞ
団塊の世代は兄弟7、8人当たり前だがひとりかふたり亡くしてるケースがほとんど


111: コンセプター(栃木県):2010/08/20(金) 15:23:58.87 ID:LTQvG1xz0

明るい時間しか働けないしな。
冬は昼が短いから
仕事以外の用事も明るいうちに済ませないと。


113: タンタンメン(群馬県):2010/08/20(金) 15:25:16.68 ID:G8Z9ah4e0

江戸時代は今と違って大気が綺麗だったから
月のあかりで夜は街灯は必要なかったから照明の心配はいらない


114: 作曲家(埼玉県):2010/08/20(金) 15:25:41.35 ID:Ja+r/bVq0

二泊三日なら行ってみたい


116: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 15:26:50.53 ID:0WioVjvb0

江戸時代はまだ奴隷制度が残ってたんだよな。
表向きは規制されてたけど。


119: ネットワークエンジニア(大阪府):2010/08/20(金) 15:29:13.69 ID:pcIclsDL0

暇なときは釣りとかしてたのかな
川とか綺麗だろうし


120: 整備士(愛知県):2010/08/20(金) 15:29:37.39 ID:h/6APrsm0

週休2日とか体が訛る。


123: もう4時か(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:32:05.15 ID:/mRql4Di0

働かざるものなんちゃらっていつの時代の言葉?戦時中?


132: タンタンメン(群馬県):2010/08/20(金) 15:35:36.79 ID:G8Z9ah4e0

>>123
中国人が考えたんだよなそれ
ギリシア人だったかもしれん


125: 刑務官(埼玉県):2010/08/20(金) 15:32:32.71 ID:S93AIdFVP

お前らは穢多非人


126: 放送作家(福島県):2010/08/20(金) 15:32:53.74 ID:Am6XZymO0

「身分差別社会の真実」って本によればエタも年貢として米作ってらしいしな。


128: モテ男(大阪府):2010/08/20(金) 15:34:40.91 ID:HyQANrmE0

部落もアレも本当は元々気性の荒い治安の悪い地域だったんだろ
他の地域に害を成すから隔離する為にああいった形にしたんじゃねえの?
奴らの子孫見てりゃそうとしか思えないわw


138: 放送作家(福島県):2010/08/20(金) 15:37:57.54 ID:Am6XZymO0

>>128
悪村とかヤクザ村とかあるな。


233: 劇作家(千葉県):2010/08/20(金) 17:23:27.66 ID:4g31nEdw0

>>128
そんなことしたら野盗団の集落なんかができて手に負えなくなりそうだけど・・・


131: 美術家(大阪府):2010/08/20(金) 15:35:08.13 ID:XISmiOqI0

古代ギリシアの奴隷もそんなもんだったような


134: 潜水士(京都府):2010/08/20(金) 15:36:36.88 ID:GOMjOVrp0

ローマ人も日の出とともに起きて昼ごろには全ての仕事が終わりだったんだろ
羨ましすぎる


135: ファシリティマネジャー(京都府):2010/08/20(金) 15:36:46.38 ID:UIwlUqjv0

都市部は武士に斬られるかもしれないし
農村部は山賊がでるかもしれないし
安全なところねえじゃん江戸


140: トリマー(関西・北陸):2010/08/20(金) 15:39:43.29 ID:dBLBtxw8O

>>135
農村で山賊になればいいじゃん


142: ドラグノフ(千葉県):2010/08/20(金) 15:42:34.94 ID:wm8ayllD0

>>135
奥の細道か何かに脇差不要って書いてあったらしいから、案外平和だったとか


136: 家畜人工授精師(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:37:11.20 ID:DvvUEcOJ0

別に今だって娯楽に金を使わない
休日は月に1日か2日
食い物は可能な限り安く上げて
電気水道ガスといったインフラをほとんど使わない生活にすれば
日給三千円ぐらいでも生きていけるだろ


137: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:37:19.20 ID:hMv9fxpZ0

蚊を間違って殺して島流しになっちゃったやつとかいたんだってな
綱吉死んだ後みんな憂さ晴らしに犬に石投げつけたって聞いてワロタ


143: 理容師(長野県):2010/08/20(金) 15:43:24.96 ID:LULjmhNH0

>>137
それは当時のネガキャンっぽいな
綱吉は犬だけじゃなくて人権もしっかり保護してたふしがあるんだよ
ふんぞり返ってた特権階級は反発したけど


153: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:49:29.69 ID:hMv9fxpZ0

>>143
まあ下っ端には相当不評だったみたいだよ
今の中野のあたりに野犬用の施設作って最盛期には8万匹収容して、1匹に1日2合
の米と味噌あげてたっつーんだから
子ども助けるために犬切った武士が死罪になったりもしてたらしいし


139: ディーラー(東京都):2010/08/20(金) 15:38:00.82 ID:PwbMJfEy0

江戸時代以前の日本で稲作が中心だったと言うとどうしても否定したい人が沸いてきて困るんだよな
まぁ日本列島と違って寒い朝鮮半島では稲作なんて南部の隅っこだけで ほとんど雑穀ばかり食ってたんだが


144: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 15:43:51.62 ID:VcaTfjuW0

都市部は治安がいいので安全
農村部は余所者への監視の目が厳しいので安全


146: バランス考えろ(神奈川県):2010/08/20(金) 15:45:08.54 ID:NMTaf63C0

平和すぎた江戸時代

気づいたら欧米から取り残されて黒船にびびりまくり


148: 落語家(コネチカット州):2010/08/20(金) 15:45:31.17 ID:gS3ljxAtO

>>1
ν速民の現実逃避は時代をも超える


149: 歯科衛生士(アラバマ州):2010/08/20(金) 15:45:36.66 ID:we1NZbN60

江戸時代は貧乏人も粋でいなせな文化的なことして遊んでいたけど
今のおまえらはパチンコ、エロ妄想、いやそれ以下のことしか出来ないよねw
まずそこから変えるべきだと思うな。


158: ニュースキャスター(長屋):2010/08/20(金) 15:53:46.54 ID:BUDggWcL0

教科書と受験参考書、及び歴史小説からだけしか知識を得てない奴がおるw
ちゃんと勉強してないくせに偉そうに語んなw


159: ディーラー(東京都):2010/08/20(金) 15:54:15.60 ID:PwbMJfEy0

米と豆の加工食品は数多いが麦、粟、黍、稗の加工食品なんてほとんど伝わってないだろ
稲の水耕栽培のできない場所では芋、大根、大豆のどれかを栽培

朝鮮半島じゃあるまいし日本で雑穀なんてほとんど栽培しない

二宮金次郎の逸話くらい調べてみろ


161: 救急救命士(奈良県):2010/08/20(金) 15:58:55.44 ID:k3SuqxX60

まー俺が江戸時代に生まれてても農民だし
農村で田畑を耕して終わるような人生。
労働時間は日が昇ってる間だけ。8時間くらいか。

>>1のは士農工商の工と商だけだな。
農民だと甘いもの食べる事すら不可能だし
米も玄米。甘いもの無いから歯磨きしなくても虫歯にならない。
草食動物並み


164: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 16:01:05.80 ID:0WioVjvb0

>>161
地主と小作人と奉公人の間にはものすごい格差が存在するのだ
(´・ω・`)


165: モテ男(大阪府):2010/08/20(金) 16:01:18.52 ID:HyQANrmE0

>>161
後半はさすが鹿の県って感じすねw
相方の馬さんが見られないのが残念です


162: まりもっこり(神奈川県):2010/08/20(金) 16:00:48.76 ID:ehP/jQgH0

侍は登城していろいろ公務員的な事やってたんだろう?


168: ドラグノフ(千葉県):2010/08/20(金) 16:05:20.27 ID:wm8ayllD0

>>162
なんかの番組で見たけど、寝る時間がほとんど取れなくて過労死する役職があったらしいな


163: 救急救命士(奈良県):2010/08/20(金) 16:01:00.55 ID:k3SuqxX60

一日に3、4時間労働が300年以上も続いていたんだ、
おそらく一日に8時間労働以上になったのは高度経済成長期以降、
サビ残とか休日出勤に夜勤とかも入れたら体壊して当然

もともと遺伝子に刻み込まれた一日3時間労働に戻すべき。
そうすればノルマにおわれて胃を壊す営業マンみたいなのがなくなる


166: 刑務官(中国四国):2010/08/20(金) 16:02:22.20 ID:i/IcdBvdP

乳児死亡率より嬰児死亡率(中絶)が高い。


167: ジャーナリスト(東京都):2010/08/20(金) 16:04:58.61 ID:46Ut59Kb0

子育ては男がしてたってよ、お前ら出来るの?


170: 客室乗務員(愛知県):2010/08/20(金) 16:07:53.50 ID:B7059WGc0

発掘された骨から分析すると
江戸時代は栄養状態が凄く悪かったみたいだけどね
http://www.shizensou.net/section/essay/bones/bones-04.html


171: モテ男(大阪府):2010/08/20(金) 16:10:47.62 ID:HyQANrmE0

>>170
考古学は言ったモン勝ちなとこあるからどうにも


178: ディーラー(東京都):2010/08/20(金) 16:19:42.55 ID:PwbMJfEy0

日露戦争当時の軍人が米と漬物しか食わなかったから
バタバタ病死したっていう有名な話があって

江戸時代じゃ白米ご飯だけで焼き魚すら食べれなかっただろうよ
肉食は禁じられてたしな 
庶民に行き渡るほどの大豆の生産があったとも思えん

米しか食わなかったから栄養失調になった これが正しい


197: 行政書士(神奈川県):2010/08/20(金) 16:44:42.41 ID:HMFxM8Fj0

>>178
違う
それは原因が脚気
江戸時代前までは麦飯が主流だったのに江戸時代以後は米が主流になったのが要因
徳川将軍も幕末期は脚気が死因だったから
それに日露戦争で軍人で麦飯と米でどちらか病死率が高いか調べたら
米だけという結果が出た訳だが

それら脚気を解決するために、日本でビタミンBが発見されて今のビタミン剤が出来た訳だが


179: スポーツ選手(関東):2010/08/20(金) 16:19:49.78 ID:3NmnBZQ7O

エアコンとウォシュレットないとか耐えられない
あと抗生物質も


180: ファッションアドバイザー(山形県):2010/08/20(金) 16:19:50.06 ID:xFniNHDW0

玄米は総合栄養食品だっつううの
量はかなり食わないとダメだけど


183: ジャーナリスト(東京都):2010/08/20(金) 16:23:10.92 ID:46Ut59Kb0

すしがジャンクフードだったということだから
米と魚は余ってただろう


185: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 16:24:51.80 ID:0WioVjvb0

一応江戸後期には3食が普通になってたらすぃな
(´・ω・`)それともやはりその時代にも格差があって、農村部の連中はあまり食えなかったのかなぁ


186: 法曹(catv?):2010/08/20(金) 16:25:42.01 ID:jm6oHukn0

江戸時代を通じて江戸は流入する人が多い入超だったが
人口はほとんど変わらなかったそうだ。つまり、入ってくる分だけ
人が死んでたってことだな。火災、病気、栄養失調もあったろう。


190: 客室乗務員(愛知県):2010/08/20(金) 16:35:45.32 ID:B7059WGc0

>>186
江戸時代は日本自体の資源の限界で人口が停滞してたそう
当時は子沢山なイメージが有ったけど生まれてちゃんと生きられる事が珍しい時代だったんだろうな
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20091021/207734/


205: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 16:54:03.96 ID:pHw2OndfP

>>190
>江戸時代は日本自体の資源の限界で人口が停滞してたそう
江戸時代の始まった1600年ころの人口が約1千万人。
幕末期の人口が約3200万人。
江戸時代の間に3倍くらいに増えてるよ。


187: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 16:26:11.25 ID:hMv9fxpZ0

おやつの語源は江戸時代のものだしね


188: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 16:30:42.45 ID:0WioVjvb0

江戸での父親と母親、子どもの三人暮らしの一日の生活です。
(「江戸っ子は何を食べていたのか」より抜粋)

・ 夜明け(明け六つ)と同時に長屋の入り口にある木戸が開けられて一日が始まります。母親が起き、かまどの火を入れてご飯を炊きます。朝は炊き上がったご飯と味噌汁、漬物。生活に余裕があると納豆や煮豆などのおかずが食卓に並びます。

・ 朝ごはんが終わると、子どもは寺子屋(※)へ、大工など外に仕事場がある父親は出かけていきます。父親のお昼は、弁当を持っていくこともありましたが、屋台などがたくさんあったため、外で昼ごはんを取る人も多かったのです。

・ 寺子屋は、お昼はいったん閉まるため、子どもは家に帰り、昼ごはんは母親と子どもが一緒に食べます。かまどの火をおこすのも手間であったため、朝炊いたご飯をお昼と夜に食べる生活が普通でした。昼ごはんは、ご飯、味噌汁、野菜の煮物程度でした。

・ 昼ごはんが終わり、子どもはまた3時ごろ(八つ時)まで寺子屋で勉強をします。

・ 夕方、父親は家に帰ったあと銭湯へ行き、その間に母親が晩ごはんの準備をします。

・ 晩ごはんは、冷ご飯を茶漬けにして漬物程度。時々、煮物や焼き魚がついたり、冬は味噌汁にご飯を入れておじやにしたりするぐらいです。晩ごはんの後は倹約するということもあって、早く休むのが普通でした。

こんな風に一日3食食べるようになったのも、元禄年間(1700年ごろ)以降のことで、それまでは「朝菜夕菜」という言葉があるとおり、一日2食が普通でした。


「大江戸庶民いろいろ事情(石川英輔著、講談社文庫)」

「江戸っ子は何を食べていたのか(大久保洋子著、青春出版社)」


189: 臨床開発(中国・四国):2010/08/20(金) 16:30:43.95 ID:XbPJ8LXaO

まあ後進国だったし


191: 行政書士(神奈川県):2010/08/20(金) 16:37:59.15 ID:HMFxM8Fj0

ドラマに便乗してJINのコミック読んだが、あれはあれで面白いな

江戸時代入ると皆揃って米ばっか喰ってたせいで麦飯喰わなくなり脚気になったり
はしかとか病気系は貧困・庶民層は神仏頼みで医者とかろくに掛からなかったりとか
梅毒は貰った方が縁起が良いみたいな風潮になってたりとか
留置所では上下関係がアホみたいに厳しくて牢屋の中で虐待が横行してたりとか

JINのドラマで再現されるか不明だが、留置所で威張ってた奴が寝てるときに耳にゴキブリが入るってのがトラウマになった


192: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 16:38:22.45 ID:0WioVjvb0

江戸時代は初期と後期でやっぱり全然ちがうなぁ
初期は明るいけど、後期は暗いのなんの
(´・ω・`)まるで今の日本と一緒だね


196: 国会議員(長屋):2010/08/20(金) 16:43:21.39 ID:dPyYY1ORi

毎日笑顔でいられることが幸せならそれはそれは幸せだったんだろうね
ただ死ぬべき者は須く死ぬ時代
障害をもって生まれればまず生きられない
その代わり健常者が欠陥品に余計な気遣いをする必要もない時代


199: 歌人(アラバマ州):2010/08/20(金) 16:47:39.29 ID:hMv9fxpZ0

脚気は森鴎外の黒歴史のやつだね

江戸時代の人口は約3200万人で大きな飢きんで200万くらい減少したらしいから
やっぱりそういうのが影響したみたいだよ


200: 高卒(千葉県):2010/08/20(金) 16:48:36.92 ID:VcaTfjuW0

江戸は女が少ないからな
長男なんかはまだ嫁取りできるからいいけど
次男三男なんか悲惨なもんだよ
婿養子の口でもなきゃ結婚なんて夢のまた夢


210: 行政書士(神奈川県):2010/08/20(金) 16:59:50.99 ID:HMFxM8Fj0

>>200
女は多かったが、「まともな女」が少なかっただけw
女ってある程度は遊郭に売られるのが多かったから
遊女以外の女をもらうのが面倒だった訳だが
遊郭の女は身請け金が必要だったし、しかも梅毒に掛かってたら最悪だから


202: 刑務官(長屋):2010/08/20(金) 16:50:51.08 ID:z21djpikP

日本人は勤勉(笑


203: 演歌歌手(北海道):2010/08/20(金) 16:51:58.37 ID:3P27A2U50

薩長閥の間抜け共が蛮族に釣られたせいだな。


207: ファッションアドバイザー(山形県):2010/08/20(金) 16:56:21.27 ID:xFniNHDW0

餅を5日に一度食べていた東北の村々
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20100805/104469/


211: サラリーマン(石川県):2010/08/20(金) 16:59:51.21 ID:U+quuxX90

男色衆道


212: ジャーナリスト(東京都):2010/08/20(金) 17:00:46.40 ID:46Ut59Kb0

あと東北って普通に肉食ってたんじゃなかったっけ?
それであまり狩りに対する偏見とか無いみたいだし


213: タンタンメン(群馬県):2010/08/20(金) 17:01:48.41 ID:P8XTKu5p0

基本に返って学ぶべき所は多かろうが
だからって美化しすぎも良くない。
農民は米を食い潰さず雑穀を食べろとかその上がりで食う支配階級が
条例出して放言していた時代だぜ?
商人は米を売り惜しみ、飢饉が来れば一揆がそういう不満で頻発した。


226: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 17:18:16.61 ID:pHw2OndfP

>>213
>農民は米を食い潰さず雑穀を食べろとかその上がりで食う支配階級が
>条例出して放言していた時代だぜ?
日本の為政者は比較的マシだったと思うがな。
為政者が庶民から搾取しない国があったのか?


218: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 17:07:38.01 ID:0WioVjvb0

米が食えないなら芋を食べればいいでごわす(笑)


220: タコス(関東・甲信越):2010/08/20(金) 17:07:57.70 ID:KcnJXTNNO

大阪では先物取引が行われていたし、その都合上、米相場を伝えるために
大阪-広島間を30分(明治時代までは交換手を通す必要のあった電話よりも速かった)
で連絡する手旗信号もあった。


222: カウンセラー(福島県):2010/08/20(金) 17:11:26.64 ID:bQEhdDXz0

会津藩はいいところだった
あの頃がなつかしい
それがあいつらのせいで


223: VIPPER(中国地方):2010/08/20(金) 17:14:07.67 ID:ej06aHQC0

>>222
今も福島人って山口人見ると発狂するの?


225: カウンセラー(福島県):2010/08/20(金) 17:18:07.68 ID:bQEhdDXz0

>>223
空気のような存在になってて哀れに思う


228: 行政書士(神奈川県):2010/08/20(金) 17:19:01.90 ID:HMFxM8Fj0

>>223
今はどうなのかは知らんが、20年前の福島県知事は松平容保の末裔だったから
その時はそういうのがあったんだろうなw


224: 売れない役者(空):2010/08/20(金) 17:16:53.98 ID:jEyPzm+Q0

そりゃいい暮らしに属するほうだろよ。

例えば江戸時代だけで、東京東側の下町の半分埋め立てたんだろ。
現場は毎日肉体労働のおっさんどもで沸き返っていたはずじゃねーの。


227: zip乞食(神奈川県):2010/08/20(金) 17:18:50.26 ID:wzlOFlLm0

>>1が書き忘れてる

※ただし、休日は盆と正月のみ


242: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 17:32:18.85 ID:pHw2OndfP

>>227
>ただし、休日は盆と正月のみ
そうでもないんじゃないか?
土日が休みなんてことはなかったけど、
武家には月番といって、1ヶ月丸々働いて、次の1ヶ月は丸々休みという
勤務体制も多かったし、そもそも無役でほとんど仕事がない連中も結構いた。
町人には盆正月だけが休みって人も多かったろうけど、
でも仕事は結構マターリしていたみたいだぞ。
幕末に日本に訪れたイギリス人が、港の埠頭を作ってる連中が、
土を固めるために、櫓から縄で吊るした丸太をみんなで引っ張っては
ドンと落とす作業で、みんなで歌を歌いながら何分かに1度くらい落とす
というあまりに悠長な作業を見て「なんでこんなにゆっくりやってるの?」
と尋ねたら「急いでやったら疲れるじゃないか!」という答えが返ってきて
ビックリしたって書いてる。「役人はなぜ急がせないんだ!」って。


229: 映画監督(千葉県):2010/08/20(金) 17:19:38.81 ID:75843kpM0

>>1
どの層の奴らのことをさしてるんだよ、3,4時間で済むのは極一部だろうが

丁稚奉公なんて数年間賃金なしだし、武士はインフレで物価上がっても収入は変わらないから地獄を見るんだぜ


239: 法曹(catv?):2010/08/20(金) 17:27:01.19 ID:jm6oHukn0

>>229
江戸町人の代表格、大工じゃねえかな。
おおよそいまの午後3時までには上がってたらしい。
変時制だから冬の仕事時間はかなり短かったろう。


246: 音楽家(コネチカット州):2010/08/20(金) 17:47:37.81 ID:pHw2OndfP

>>229
>武士はインフレで物価上がっても収入は変わらないから地獄を見るんだぜ
単なるインフレなら、米価も上がるから文句はないんだが。
元禄時代以降は、米がほぼ飽和状態で値が上がらなかったんだよ。
インフレというよりも、むしろ米デフレ状態。
暴れん坊将軍などは、米価を引き上げるべく色んな努力をしたみたいだけど、
ことごとく失敗。逆に幕府の市場介入を逆手にとって利益を巨額の利益を
上げる商人が続出。
百姓は米以外の換金作物の栽培に精を出すようになって、日本社会の
経済規模は結構拡大していた。
それなのに、米で報酬を受けていた武家は経済成長の割りに米価だけが
上がらないから経済から取り残されていた状態。


231: 声楽家(ネブラスカ州):2010/08/20(金) 17:22:25.11 ID:ULaHGwv3O

まぁその代わり飲み食いしか出来ないけどね。
やる事ないし。


235: ノンフィクション作家(埼玉県):2010/08/20(金) 17:24:18.55 ID:Nj/ykiQa0

>>231
だからこそ祭りや縁日が楽しみなわけで


234: パティシエ(コネチカット州):2010/08/20(金) 17:23:47.52 ID:vg1auPcpO

日本人は働きすぎとかよく言われるけど
残業時間を含めても、世界の平均労働時間よりも少し多いだけみたいよ。

ただ、ほとんどの国は仕事とプライベートがきっちり別れてるのに対して
日本の場合は仕事が終わってからも仕事上の人付き合いがほぼ強制されるうえに
有給とれないとか、上司が帰るまで意味もなく帰れないとかの日本的の風習が
実質的に無意味な労働時間になってる。って英国か米国の経済紙に書いてた。


ちなみに労働時間が世界で一番長い国は韓国で
仕事にやりがいを感じて意欲的な人が多い国はメキシコ。
逆に、仕事に対して意欲的じゃない人が多い国はダントツで日本。そして韓国と台湾だった。
東アジアの労働者は全員疲れてるみたい。


238: 刑務官(長屋):2010/08/20(金) 17:26:11.40 ID:z21djpikP

>>234
んなことない
アメリカと比べてるんだろ
アメリカだけ日本より労働時間長いし


240: レス乞食(茨城県):2010/08/20(金) 17:27:50.03 ID:osh0Qx9M0

戦前の中央官庁の官僚は、始業8:30~終業3:30頃。
しかも、当時の日本としては大変な高給取りだった。


245: M24 SWS(埼玉県):2010/08/20(金) 17:36:21.28 ID:9VbWg7Dy0

>>240
戦前は終身雇用もあんまなくて
会社への忠誠心もあんまなかったみたいね


241: ノンフィクション作家(新潟・東北):2010/08/20(金) 17:30:55.39 ID:guyEorsXO

アメリカでも働くのはエリートだけで中流以下の労働者は基本的にみんな定時で帰るよ
つか、あの年間労働時間1800っていう数字本気で信じてるのか
まず自分の計算してみろよ


243: 小説家(catv?):2010/08/20(金) 17:32:22.80 ID:0WioVjvb0

>>241
労働時間0

(´・ω・`)うーむ・・・



3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

そりゃ当時の日本人は他の国よりはかなり恵まれてただろうけど、ネットもない時代で暮らしたいかといわれればNOだわ。

匿名 さんのコメント...

>>190のリンク先は本当に酷いな。
チラシの裏にでも書いとけって次元。

日本の回虫は、栄養失調になるまで宿主を追い込まないし。
日本人の身長が140-150cmだったのは島嶼効果。


こんなことも分からんのか。

匿名 さんのコメント...

江戸の風俗史で
就職活動に大変苦労して落ちてばかりの人や
仕事が決まってもなじめず定職につけない人や
女性に食わしてもらってるダメ男や
仕事起こして仲間に裏切られて借金背負うなんて
記録も残ってる。今と変わらないじゃないかw

最近の投稿